「まけないぞう」イメージ

「まけないぞう」の狙い

写真 これは阪神・淡路大震災の時に神戸で生まれた「まけないぞう」。その後の新潟中越地震や中越沖地震などの被災地に引き継がれ 今回の東日本大震災でも東北・北関東に広がっています。
いま被災者は、生まれ育った地域からも、隣近所、友人たちとも離れ離れになっています。 また、慣れない避難所生活やその後の仮設住宅などでは個々別々のくらしになっていきます。 ともすれば、孤独になりがちな復興までの生活の中で、仕事を通して元気になってもらうこと。 「まけないぞう」は仕事づくりや生きがいづくり、新しい仲間づくり、崩れてしまったコミュニティーを 再構築することにつながっています。また、支援者と被災者・被災地をつなぐ“縁”ができます。 心を伝える「まけないぞう」。応援してください。 「まけないぞう」の狙い「まけないぞう」の収益金は被災者、被災地へ環金されます。 被災者の制作した「まけないぞう」のご注文はこちら


「まけないぞう」の仕組み

「まけないぞう」の仕組み「まけないぞう」の収益金は被災者、被災地へ環金されます。 被災者の制作した「まけないぞう」のご注文はこちら 元祖「まけないぞう」の神戸災害協働センター 元祖「まけないぞう」の神戸災害協働センター 元祖「まけないぞう」の神戸災害協働センター